お金を借りるための方法

お金を借りるための方法は、困った時などにお金を借りるための方法について紹介をしています。

かつて銀行からお金を借りられるのは法人がメインで、個人への融資というとマイホームローン、マイカー、リフォームローンなど数百万から数千万単位の大口融資が主でした。しかし今では大手都市銀行を中心として様々な銀行でもキャッシングサービスを展開していて随分とお金が借りやすくなったという印象があります。キャッシングサービスとは個人向けの少額融資のことで銀行のキャッシュカードに付帯するクレジット機能の中のキャッシングサービスを受けられる他にも銀行独自で行っているキャッシングカードサービスも提供されています。

最近の金融業界では銀行と消費者金融の業務提携が進み、様々な消費者金融が銀行のグループ企業となり健全な融資を行っています。例えばプロミスはSMBCコンシューマーファイナンスという三井住友銀行のグループ企業のメンバーですし、つい最近もモビットが三井住友銀行との業務提携を果たしました。レイクは新生銀行のグループ企業です。しかし、銀行が直接行っているカードローンとこれらの業務提携を行っている消費者金融とは別の形態になります。消費者金融の場合には貸金業法による総量規制を受けますが、銀行の場合は総量規制の対象外となります。したがってインターネット銀行では消費者金融よりもかなり有利な条件で融資を受けられる場合もあります。

また返済や借入時の審査方法も銀行の場合収入証明が不要のケースが多いので過去にキャッシングやローンに関するトラブルが無く、成人で安定した収入がある人であればキャッシングを受けやすくなりました。ただし、銀行でキャッシングをする場合と消費者金融でキャッシングを受ける際の実質的なサービスの差が顕著なのはインターネット銀行で、メガバンクと消費者金融を比べると大きな差は感じない程にまで両者とも質の高いサービスを提供しています。

参考サイト:借り換えローン